滋養強壮剤で精力(性欲)は高まる

精力や性欲が最近低下してきたって人は滋養強壮剤がオススメです。もともと、体の機能を高めるために用いられていた滋養強壮剤は根本的 な精力低下・性欲ダウンに効いてきます。精力が下がってしまう理由は男性ホルモンが低下してしまうことにあります、この男性ホルモンを 高めることで精力や性欲は回復していくんです。滋養強壮剤は男性ホルモンを増強するたの効果があります。強精剤などは直接的に男性ホルモ ンを体に取り込むのですが、滋養強壮剤は男性ホルモンを多く分泌させるための体をつくるという意味合いになります。要するに、滋養強壮 剤は男性ホルモンを高めるのではなく、男性の臓器の機能を高めるという商品なのです。体の機能を高めるという事は、精力・性欲だけで なく色々な面で健康効果があるのです。だから、滋養強壮剤は精力や性欲を高めるだけでなく、健康と言う意識でも服用されている人は多いの です。最近では、精力や性欲に特化した滋養強壮剤も多く出回っています。精力剤の専門店や漢方薬の専門店などでも、精力系の滋養強壮剤は おおく販売されています。しかし、かなり高級です。もともと滋養強壮剤は良い原料を調合して作っているので、値段が高くなって当然なの です。普通のDHCなどのサプリメントとは原価が全く違います。だから、専門店で購入する滋養強壮剤は高くなるので。しかし、それだけ やはり体には効果が大きく現れます。管理人が知る限りではもっとも高い滋養強壮剤で3ヶ月分120000円という商品を見たことがあります。 1ヶ月で40000円...かなり高級で、一般の人なら手が出ないですよね!!しかし、世の中にはこれほど高級な滋養強壮剤が存在しているのです。 1ヶ月40000円も支払うのは無理としても、精力や性欲を取り戻したいという人であれば、1ヶ月間で1万円くらいの滋養強壮剤を購入した 方がいいと思いますよ。

バイアグラは勃起力を高めるが・・・

勃起力や勃起維持といえば、バイアグラを思う人が多いですが、バイアグラは勃起阻害する物質を壊すことで勃起を維持される効果があり ます。要するに、精力や性欲は関係していないのです。あくまでも、勃起を阻害する体内物質を壊すことによって勃起力を高めているだけ なので、薬の効果が切れればその効果も切れて今います。だから、根本的に勃起の悩みは解決されません。バイアグラに頼って勃起を維持して いる人は薬なしでは性行為ができないってことなんです。

滋養強壮剤で勃起力(勃起維持)は高まる

滋養強壮剤は勃起力や勃起の維持時間を高めることもできます。上記でもお話ししたように精力や性欲が高まるのだから、勃起力も上がって 当然だということがわかります。しかし、滋養強壮剤で勃起力が高まるというのは精力や性欲に付随した話だけではないのです。健康効果が ある滋養強壮剤は血流も良くしてくれます。世間で言われている血行・血流ってやつですね!勃起とは=血液がアソコに集中することでなり たつ現象です。これは中学生の頃にならったと思います。要するに、勃起には血流や血行の良さが深く関係しているのです。血行が悪い人は 勃起力が衰えたり、勃起の維持時間が短く、EDになりやすかったり、中折れを経験したりします。ほろ酔いは勃起に良いというのは血行が良く なるという理由もあるくらいです。逆に言えば、血行をよくすれば勃起力は高めることができるので。滋養強壮剤はその役割もしてくれるのです。 精力機能を高めるとともに血行をよくしてくれるので、勃起と精力どちらにも効果が現れるんですよ!!だから、精力剤として滋養強壮剤は 人気であり、定番の商品になりつつあるのです。どれだけ、精力や性欲が良くても血行が悪ければ、勃起に比例しません。これがいわゆる老化 と言われています。昔はあんなにギンギンになっていたのに。。。と疑問に思っている人がいれば、それは老化であり生活習慣による血流 が悪くなっているということなんですね。男であればわかると思いますが、性欲が高ければ高いほど勃起力は上がります。しかも、その時間も 維持できますよね?昔と同じようにムラムラしているし、精力があるって人が勃起力の低下に悩んでいるのであれば、原因は血行・血流に あると考えられます。そのため、滋養強壮剤を始めたり、生活習慣の改善を行ったりすることで勃起力を高めることができるのですよ!!

精力はストレスと関係している

男の精力や性欲はストレスによって波打つことがあります。緊張やストレスなどといった負担が体にかかっているときはムラムラきたりする ことはありません。このストレスは男性の生殖機能(男性ホルモンを分泌する機能)を著しく低下させてしまうのです。これにより、EDや 精力減退ということが考えられているのです。精力や性欲を高めたい人であれば、できるだけストレスを感じないケアや生活習慣を始めて いくことが大切なのです。

このページの先頭へ

イメージ画像